アトピー性皮膚炎のかゆみで悩む人は多い

アトピー性皮膚炎のかゆみで悩む人は意外とたくさんいるようですが、子供がアトピー性皮膚炎のかゆみで悩む親御さんがとても多いのが現状のようですね。

 

うちの場合は、今年8歳になる息子がいるんですが、生まれたときからアトピー性皮膚炎と診断されたんですね。

 

赤ちゃんのときから顔中に赤いブツブツがいっぱいできて、ベビーカーの息子をいつも「かわいそうに」と知らないおばちゃんから不憫がられたり、義母や義父に「なんでこの子はこんなになってしまったの?」と嫌味を言われたりして、母の私もツラかったです・・・

 

でも一番つらいのは本人。赤ちゃんのときからでしたが、とにかくすごくかゆがるんです。
寝ていてもかゆくて起きてしまうこともしょっちゅう。

 

赤ちゃんのときからあちこちの病院にかかったり、かゆみ止めの飲み薬や塗り薬を出してもらってましたが、ステロイドは気をつけないと副作用が怖いですし、できるだけあまり使わない方向で、高価なスキンケア商品を買ってみたり、食事療法や保湿クリームなどを塗るようにもしてきました。

 

でも一向にかゆみはなくなることがなく、大きくなっても毎日のように体を掻きむしって、体中血だらけになることもあります(>_<)
調子が悪いときは夜中もかゆくて眠れないときもあって・・・

 

そんな息子が不憫で仕方なく、母としてなんとかしてやりたいといつも思って、アトピーのかゆみ止めについて調べたり何か良い方法はないかと探してはいろいろ試してきました。

 

その甲斐があってか、最近息子のアトピーがだいぶマシになってきたんです。
かゆみもだいぶなくなったようで、かゆみ止めを塗らなくても、体をかかずに楽しそうにしてる時間が増えてきました。

 


アトピー性皮膚炎のかゆみ止めを探し出すまでのアプローチ

このページではアトピー性皮膚炎の深刻な「かゆみ」に対して、私がどうやってアプローチしていったかを順にご紹介しますね。

 

このアプローチが正しくて子供のアトピーのかゆみが収まったかどうかはよくわかりません。
何もしなくても時とともに収まっていったのかもしれません。

 

が、私はただ母親としてできることはやってあげたいと思ったんです。
同じように考える方は多いと思いますので、少しでも参考になれば幸いです^^

アトピー性皮膚炎がなぜ起こってしまうのか?理由とアトピー性皮膚炎の実際の症状

アトピー性皮膚炎は、皮膚のバリア機能がなんらかの原因で低下していて、外部からの刺激を必要以上に受けてしまい炎症が起こる症状です。

 

家族にアトピー性皮膚炎や花粉症、アレルギー性鼻炎、食物アレルギー、喘息などの人がいる、又は自分が喘息や花粉症などがある場合はアレルギーを起こしやすい体質になります。

 

ちなみにうちは私がちょっと強めのアレルギー性鼻炎を持っているんですね。それが息子に遺伝したのかなと思います・・・

 

皮膚は、皮脂膜や角質細胞などがバリアの役割をしていて、皮膚の乾燥や外からの物質の侵入から守っています。でも、ひっかいたり、こすったり、かきむしったりなど物理的な刺激や、石鹸、化粧品、紫外線などによってさらに低下してしまいます。

 

皮膚のバリア機能が低下していると外からの異物が皮膚の中まで入りこみやすい状態になります。
本来、炎症は外から侵入してきた細菌やウィルスと戦って退治する免疫反応によって起こるものですが、アトピー性皮膚炎の炎症は、この免疫が本来退治する必要のないものに対しても過剰に反応して起きてしまいます。

 

【出典元:http://www.daiichisankyo-hc.co.jp/】

 

この過剰反応は、皮膚のバリア機能の低下やアレルギー体質の人の他にも、長い期間皮膚に強い刺激があったり、ストレス、疲れなども原因になるそうです。

 

アトピー性皮膚炎は原因がはっきりとは解明されていませんが、皮膚のバリア機能が低下した状態に、ダニやほこり、花粉や食べ物などのアレルゲンが侵入したり、ストレスなど環境的な理由が要因になっていることが多くあります。

 

アトピー性皮膚炎の特徴はやはり「かゆみ」。
それに、「特徴的な湿疹が体のあちこちに発生する「おさまったりひどくなったりを繰り返す」という3つが主な症状になります。

 

アトピー性皮膚炎の湿疹には、赤みのある湿疹、ジクジクとした水分の多いただれた湿疹、大き目でゴツゴツしたしこりのような湿疹、フケのようなかさかさした湿疹などがあって、掻いて壊してしまう?き壊しを繰り返すことで皮膚がごわごわと硬くなってしまった状態にもなります。

 

湿疹ができやすい部位にもアトピー性皮膚炎には特徴があって、顔、耳や首の回り、わきの下やひじの内側、外側、ももの付け根、ひざの裏側などに多く出たりします。

 

アトピー性皮膚炎のかゆみを改善する方法をいろいろ試してみたが・・・

アトピー性皮膚炎は専門家でもハッキリと、その原因は特定することが困難な病気なんです。

 

悩みの原因を「これだ!」と突き止めることは難しくて、それを取り除く対処を行うことはとっても困難で多大な時間と費用がかかるものなんですね。

 

巷でアトピー性皮膚炎に良いと言われてることはうちもいろいろ試してきました。

 

たとえば
「高価な肌ケア商品を試してみる」
「専門機関に費用をかけて何度も通い続けてみる」
「食事や生活習慣を見直していろいろ試み続ける」
「市販の塗り薬やサプリメントをいくつも試してみる」

 

これらのことはきっとうちだけではなくて、アトピー性皮膚炎で悩んでるこどもを持つ親も、アトピー性皮膚炎の人も誰もが経験してきていることだと思います。

 

でもこれといった確かな効果を実感したことはなかったです。

 

処方されるステロイド剤を塗ったり抗アレルギー薬を飲ませてみれば、少しマシになったかも?程度に感じることはありましたよ。
でも薬は副作用が怖いですし、薬をやめてしまうと症状は元に戻ってしまうので、良い状態がずっと続いて「改善した!」「アトピーが治った!」「かゆみがおさまった!」っていうことにはなりませんでした。

 

たとえすごい時間とお金をかけても、それくらいアトピー性皮膚炎を改善させるのは難しいことなんだと実感しましたね。

 

いろいろ試させられるこどもにとっても、逆にストレスを与えてしまって逆効果だったのかもしれません(>_<)

アトピーを改善する一番の方法は「自己免疫力」を高めること→今注目の「プロポリス」

いろいろ試したり、先生の話を聞いたり自分たちなりに調べてみた結果、

 

アトピーを改善するのに一番効果的なのは「自己免疫力」を高めることなんだということにたどり着きました。

 

薬やケア商品などで外側から症状を無理やり抑えるのではなく、体の中から免疫力を高めてアレルギーを発生させにくくすることです。

 

それが本人にとっても一番楽だし、アトピーだけでなく健康にも一番良い方法ですからね。

 

自己免疫力を高めてくれのに強力なサポートとなるのが「プロポリス」なんだそうで、アトピーにとても効果があると話題にされているんですね。

 

プロポリスというのは、ミツバチが樹液や薬草や木の新芽などと自分が出す酵素をかみ砕いて混ぜ合わせ、巣の外壁や隙間に塗りつけて塞ぐための固形の物質で、ハチたちがプロポリスの出入り口を通過するたびに全身を殺菌消毒して巣箱にバクテリアや細菌が侵入するのを防ぎます。

 

プロポリスには驚くほどの有効成分が含まれていて、フラボノイドやミネラル、ビタミンなどをはじめとして200〜300種類近くの成分が含まれているんですね。

 

ポリフェノール類もたくさん含まれてますし、アミノ酸、酵素、各種ビタミン、各種ミネラル類が非常に高いレベルでバランスよく含まれてます。

 

そしてそれらは抗酸化作用、抗菌、殺菌作用、抗アレルギー作用、免疫力向上、美容への作用も学会で報告されてるということです。

 

プロポリスを体内に取り入れると、特に皮膚疾患に効果がある成分とされていて、アレルギー反応のように過剰反応を起こす場合に、抑制してくれる効果が期待できる成分なんだそうです。

 

最近ではステロイド処方の代わりにプロポリスを治療に使用してる病院も増えてきてるそうです。

 


プロポリス100%の純度のサプリメント「アトケアプロ」

そのプロポリスが世界初の純度100%使用されてるサプリメント「アトケアプロ」がとても効果があると今すごく注目されてるんですね。

 

私は「アトケアプロ」を使う気になったきっかけは、クックパッドの「みんなのカフェ」という掲示板でした。

 

アトケアプロを実際に使った方の口コミが載っていて、

 

「うちの子はステロイドから抜け出せないでいたけどアトケアプロを飲み始めて3週間でだんだん症状が良くなってきて、3ヶ月の今は体を掻くことがほとんどなくなった。はちみつアレルギーでなければ絶対飲んだほうがいい」と書かれてたんです。

 

それで、うちも思い切って試してみることに決めました。

 

もちろん、他の子に効果があったからといってうちの息子にも効果があるかどうかは正直わかりません。

 

でも母として、毎日体をかきむしりながらイライラする息子をなんとかして楽にしてあげたい気持ちでいっぱいでしたし、ステロイドを塗らずにアトピー性皮膚炎が少しでもマシになるのなら・・・と少しの可能性に期待して買ってみました。

 

決して安いものではありませんでしたが、3ヶ月は続けるつもりでしたので、1袋単品だと9,800円のところを、3ヶ月続けるなら初回は無料で2回目からは1袋6,980円とお得になるのもあり、定期コースで購入しました。

 

はちみつにアレルギーさえなければ大丈夫ということでしたし、うちの子はハチミツは大丈夫でしたからね。


アトケアプロを飲みはじめて数週間で効果が・・?

アトケアプロは1袋に60粒入ってます。

 

1日2粒なのですが、これって一粒が少し大きめなので、こどもが飲むにはちょっとしんどいようで、8歳の息子は一粒飲むのもあまり気が進まない感じでしたね。
嫌がるほどではないのですが、「サプリだよー」って言って飲ませようとすると「えええ〜〜〜」とイヤそうな返事は毎回してました^^;

 

でもがんばって毎日2粒づつ飲みました。

 

飲んでも最初の1ヶ月くらいは目に見えてわかるほど効果は感じなかったんですが、1ヶ月を過ぎたくらいから、なんとなく体を掻きむしる回数が減ったような感じでした。

 

あれ?今日なんだかあまりかゆがらないな〜って気づいたんですね。

 

そして2ヶ月経ったころには、一番かゆいかゆいと言って大変だったお風呂あがりに、体をほとんどかかなくなっていたんです。

 

アトケアプロのおかげかどうかはわかりませんが、明らかに飲み始めてから2ヶ月くらいには、体をかく姿を見ることがほとんどなくなりました。

 

体から赤い湿疹もなくなり、日に日にきれいなお肌になっていくのが、母としてどれだけうれしかったか・・・・!

 

こどもも体が楽になってきたようで、イライラすることもなくなり、前よりも笑ってる時間が増えたように思えました^^


アトケアプロはアトピー性皮膚炎で悩んでる人におすすめできます!

アトケアプロを続けてるおかげか知りませんが、かゆみ止めのステロイドを塗ることもまったくなくなりました。

 

食事療法とかいろいろ気にしてお肉をあまり食べさせなかったりとかしてたのも、そこまで気にしなくても済むようになって今では好きなものも食べさせてます。

 

といってもお菓子を食べすぎたりジュースを飲みすぎたしはしないように気をつけてますが^^;

 

それでも前みたいに神経質にならなくて済むようになっただけで、私自身もだいぶ楽になりました^^

 

息子はサプリを飲む時間だけは今でも好きじゃないみたいですが・・・(苦笑)

 

あと、サプリを飲み続けてるおかげで免疫力の底上げができたのか、毎日飲まなくても大丈夫なくらいにまでなりましたね。

 

全く飲まないとさすがに不安ですので、まだしばらくは続けていようと思います。

 

お金はかかりますけど、今まではもっとお金かけていろいろやってたので。
これで息子の悩みだったアトピー性皮膚炎が楽になるのなら、親としてはそんなにありがたいことはないですからね。

 

正直、サプリって前はそんなに信用してなかったんですが、今ではすっかり見方が変わりました^^
おなじように、アトピー性皮膚炎でステロイドが離せないなど、かゆみで悩んでるならプロポリスのアトケアプロはオススメできますよ。

 

 

アトピー性皮膚炎のかゆみ止めに「アトケアプロ」【公式ホームページ】